身体0ベース運用法

〈身体0ベース運用法〉物編

IDEAS

〈身体0ベース運用法〉物編

人が日常的に行っている基本運動に木や石、水といった「物」を関わらせ、「不安定」を作り出す。「運動」+「物」となることによって、何気無く行うことができていた身体操作に意識を向け観察する。「歩く」「走る」移動する運動に木を関わらせる。例えば右手に長物の木を持って「走る」。そうするとだんだん走っているうちに右足の歩幅が広くなってくる。どうしてそうなったのかを考えると「走る」仕組みがよくわかってくる。人が走る時、2本の足と腕を振って推進力を生み出すことで前に進んでいく。左右同じ力の振りをすることによってバランスが取れ、真っ直ぐ走ることができるのだ。しかし、右手の振りが少なくなり、左とのバランスが崩れると、全体のバランスを取るために右足の歩幅が大きくなるのである。さらに持ち方を変えて「走る」運動をしていくと、それに合わせて〈身体〉は多様な使い方ができることがわかってくる。これによって「物」と「身体」の重心の関係性や両者の形の合わせ方などを発見することができる。